社会保険労務士の合格率は本当に低い?

社会保険労務士の合格率は受験を検討している方にはとても気になる事だと思います。
この合格率をみて、受験するか止めるか決める人もいるはずです。では過去10年に わたっての社会保険労務士の合格率を見てみます。

過去10年間の社会保険労務士試験の合格率
  受験者数 合格者数 合格率
平成17年 48,120 4,286 8.9%
平成18年 46,016 3,925 8.5%
平成19年 45,221 4,801 10.6%
平成20年 47,568 3,574 7.5%
平成21年 52,983 4,019 7.6%
平成22年 55,445 4,790 8.6%
平成23年 53,392 3,855 7.2%
平成24年 51,960 3,650 7.0%
平成25年 49,292 2,666 5.4%
平成26年 44,546 4,156 9.3%

ここ10年間の合格率は平成19年度を除き5~9%の一ケタ台をキープしております。
平均でも約9%になっていますので、データーを見る限り合格率が低く難易度が高い資格に なります。又受験者数は平成14年度以降45,000人を毎年越え、人気も高く現場で今求められている資格と言えます。おまけに試験範囲も広く、労働基準法及び労働安全衛生法、労働者災害補償保険法 、雇用保険法 、労働保険の保険料の徴収等に関する法律 、健康保険法 、厚生年金保険法 、国民年金法 、労務管理その他の労働及び社会保険に関する一般常識の8科目もあり、内容も難しくなります。この合格率を知れば私には無理と判断しがちですが、しかし 社会保険労務士の試験を理解すれば手の届かない資格ではない事がわかります。

例えばこの資格の受験者の多くは仕事をしながら勉強をしている方が多いのです。その為普段、忙しくしっかりとした受験対策が出来きません。覚えることも多く勉強時間を確保できないので、 基礎学力を付けきれていないと思います。ですので、短期間で効率の良い勉強さえ学べば十分合格圏内に達することが出来ます。ではどのような勉強をすれば合格できるのか。通信・通学を利用することです。これが一番合格するのに手っ取り早い方法です。どの試験に限らず合格する為には頭の良し悪しではなく受験ノウハウを学ぶことです。そしてそのノウハウを提供してくれるのが通信・通学になります。もちろんお金はかかりますが、将来の投資と考え、独学で無駄な時間を浪費する事を考えれば決して高くありません。しっかりとした対策ができていない人が多く受験するから、合格率が低く見えるのであって、 しっかりとした対策を取れれば誰にでも合格するチャンスがある資格です。さらに仕事現場でも重要が高まり、現在やこれからも求められる資格ですのでチャレンジする価値が十分あると思います。


なぜこの方法で勉強すると、合格率が全国平均の3.29倍も高くなるのか?

リンク集